勝てる人と勝てない人の違いとは…

kyouzai  全国制覇29回達成! 過去13名のナショナルメンバー輩出!
 ソフトテニスの専門家・濱中嘉彦氏が教える
 秘密の『回転ストローク』とは?

 >> 公式ホームページをチェックする

ストローク

ストロークと聞くとなんだか難しい専門用語みたいに思う初心者もいるでしょう。ですが、

難しく考えることはありません。ストロークとはボールを打つことを意味します。簡単ですね。


まずはラケットを持ってみましょう。ラケットを平面に置いた状態で地面と水平に持つのが

ウエスタングリップ、対して垂直になるのがイースタングリップと呼ばれる持ち方です。

ソフトテニスの場合、基本的に全てウエスタングリップの持ち方になるようにします。


ボールが自分のほうへ飛んできたとき、体はボールに対して水平ですか、垂直ですか?

まず、体が横向きになった状態でボールを捉えるようにします。そうでないとラケットで

ボールを平手打ちするように打ってしまいますよね。


フォアハンドでもバックハンドででもボールは必ずワンバウンドした状態で打ちますから、

ボールの動きに合わせてラケットを動かします。これをテークバックと言います。このとき

ガチガチに力を入れず、ゆったりと力を貯めることを意識してください。


そして上体はできるだけボールをひきつけるべくねじります。ラケットを持った腕は伸ばさず、

わき腹に引きつけておくくらいの感覚で振ってください。この状態のねじりにより、打ち返す

ボールにさらに力とスピードを加えることができますよ。


最も大切なのが、ラケットで捉えたボールをすぐに打ち返すのではなく一度ラケット全体で

受け止めるようにしてください。こうすることで安定感のあるストロークが実現しますよ。

練習メニュー 関連ページ